不貞行為の慰謝料請求の問題を弁護士に法律相談できる

不倫や浮気をされていたことがわかったときには、相手方に慰謝料を請求することが可能です。不倫や浮気が原因とした慰謝料を請求することについて、弁護士などの専門家に法律相談を行うことができます。不倫、浮気などの不貞行為を行ったときには、配偶者とその相手に対して慰謝料を請求することが可能で、離婚をしなくても請求することは可能ですが、離婚をしたほうが多くの慰謝料を払わせやすくなります。証拠が無い場合でも相手方が不貞行為を認めたときには、慰謝料を請求することが可能です。

ただし、相手方が請求を無視しているときには裁判に発展させなければならないことも考えられますので、裁判所が不貞行為があったと認めるために十分な証拠が必要になります。不貞行為の慰謝料請求に関しては、法律的な手続きとなりますので弁護士に法律相談することで的確に手続きを進めることができます。不貞行為の慰謝料請求には消滅時効があって、知ったときから3年間、不法行為のときから20年と定められています。不法行為を相手方が知らなければ3年の消滅時効が発生しませんが、不法行為について自覚していない場合であっても20年で消滅してしまうことになりますので、できるだけ早めに弁護士に法律相談を行って手続きを行うことがおすすめとなります。

裁判で認められるためには、不貞行為の存在を証明できることが重要となります。決定的な瞬間の写真や動画などが必要になりますので専門家に法律相談することで手続きを円滑化できると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *