任意整理の法律相談をすることで過払い金を取り戻せる

消費者金融業者やクレジットカード会社は大手の知名度の高い会社を含めて、利息制限法で定められている制限利率である15%から20%の金利を超えた、出資法で規定されている制限利率である29.2%を用いて貸し付けを行っていた経緯があります。利息制限法を超えた制限利率によって利息を定めることは法律的に無効となりますので、多くの消費者金融業者やクレジットカード会社が定めていた利率は無効となることで取り戻すことが可能です。弁護士に法律相談をすることで、出資法に基づいて設定された利率で借り入れを行っていたものであっても、利息制限法の利率で再計算を行うことで、正しい借金額を確定させることができます。すでに支払っている利息分の金額が多いときには、残った債務に充てることで減額してもらうことが可能ですし、過払い金として返還してもらうことができます。

弁護士が任意整理の法律相談を受けたときには、減額した借金額に将来的に利息を付けないことを和解案として締結をして、3年から5年ほどの期間での分割払いにすることが可能です。過払い金が発生しているときには、遅延損害金を加える形で貸金業者に返還を求めることができます。任意整理の法律相談を弁護士に依頼したときには、貸金業者の件数ごとに費用が発生します。着手金や報酬金、借金額を減額したときには減額した金額の10%ほど、過払い金を取り戻したときには取り戻した金額の20%ほどを弁護士費用として支払うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *