子供の関係でも難しい弁護士の関わる相続問題

遺産相続と言えば親が子供に残す財産のようなイメージがあります。しかし弁護士が関わる難しい問題は、意外にも子供がいない夫婦だったり、子供がまだ未成年だったりするケースです。子供がいないケースとは、夫婦で仲むつまじく過ごしていたのに突然旦那さんが亡くなってしまった。この場合残された奥さんに遺産が渡るのが常識的なケースだと思いますが、実際には違うのです。

その亡くなった人の両親が生きていれば両親へも財産が渡るのですが、亡くなっている場合兄弟や姉妹が法廷相続人になるのです。そのため残された奥さんは夫婦で築いた財産を、両親ならまだしも兄弟や姉妹にも渡さないといけないケースがあるのです。こうしたトラブルは子供がいない夫婦が多い現在たくさんあり、弁護士が間に入り問題を解決すると言います。また実際の相続の場面を想像してみると、妻が夫の親族と同じテーブルにつき、遺産について話し合うわけです。

これは相当気を使う事であり、出来ることなら避けたい事例です。そのためにも夫婦だけで子供がいない家庭では、生前から遺産相続について弁護士などを通じて話し合ったり遺言状を書くなどの準備が必要です。また子供がまだ未成年のケースも弁護士が間に入る必要が多いといいます。未成年は法廷代理人がいない状態では遺産分割協議に参加することが出来ないからです。

未成年の相続は税務上不利になってしまう事例も多く、素人ではなかなか太刀打ちできない難しいケースが多くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *