弁護士に相続の相談をするための費用

相続というのは、基本的に何分の一を誰に、と決まっていますから、本来は揉める要素はないのです。しかし、骨肉の争いというほどであり、とにかく割合、金額で揉めることが多いです。そのために、法律的にしっかりとした遺言書を残しておくことが賢明であるわけです。しかし、それですらまだ揉めることがありますから、それは覚悟しておくべきです。

覚悟しておくべきといっても自分は既に亡くなっていますから、どうにか備えておくことが重要あるわけです。そこで弁護士に依頼することがお勧めできるわけです。遺言書は形式を間違っていたりしますとそれで無効になることがあるのです。ですから、しっかりとした相続をさせるためには、形式に則った遺言書を完成させておくべきなのです。

ちなみにそうしたことをするための費用なのですが、意外とかかることになります。まず、相続の相談をするための費用、そして書き方の指導、場合によっては、弁護士に立会人になってもらうこともあります。それにも当然ですが、費用がかかることになります。弁護士に預けておいて、相続の段になったらみんなの前で開封して読み上げる、ということが必要になりますから、意外と手間はかかるのです。

つまりは、それだけ費用が高くなるわけであり、それなりの資産がある人ならば依頼する価値はありますが、そこまでではないのでしたら、遺言書の指導だけでもよいです。それだけでもメリットは十分にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *