市民に身近な法律相談をしたい場合における相談相手として、法テラスにおける弁護士が挙げられます。無論、予約などをとってその上で相談をしなければなりませんが、裁判における弁護士費用の分割払いやその低額さでしっかりと対応もしてもらえる、身近な存在になっています。無論、条件によっての話ですので、いろいろな相談の方法はあるでしょう。したがって、この法テラス以外でも毎月夷邸の収入がある場合には法テラス以外の弁護士会の無料相談を利用する方法もとりうるわけです。

現に法テラスの事務局に電話をしたとして、予約が一杯で難しいと言われることがあります。そのときには弁護士会の無料相談を勧められたりします。法テラスでは時間がある程度平日日中にとれる人を対象にして、さらに安価な費用で依頼を申し込めるだけに、平日仕事で忙しい場合には時間をとるのが難しいと相談に行くのも難しくはなります。ただ、ある程度先でも相談に乗って欲しい場合には、事前に予約を入れて調整さえ出来れば、それほど難しくはないこともあるでしょう。

弁護士は現在法科大学院の開設等によって、人数が増えすぎている状態です。どのような事柄であれ積極的に引き受けようとする傾向にあるとされています。法テラスなども含めて相談を行うことでその流れの中で依頼をするもよし、あるいは特定の事案に強い人がいればその人に依頼をするもよし、依頼先に困らずに話が出来る、やり方が増えている状況にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です