借り入れをしたときには、わずかな金額の借金であっても、指定されている返済期限に支払いが間に合わなくなることで、別の金融業者からも融資を受けてしまう事例はよくあります。いくつかの金融業者から借り入れをした結果として、借金額が膨れあがってしまって、多重債務に陥ってしまいます。複数の金融業者から借り入れをするようになると、自転車操業のように返済しては借り入れをするといった悪循環になってしまいますので、借金の元本を減らすことは容易ではありません。借金の支払い期限に間に合わないと、金融業者からの取立に合うことも考えられますので、精神的にも追いつめられてしまいます。

自分の力でどうにもできなくなってしまったときには、弁護士に相談して自己破産の手続きを行う人が多くなります。自己破産をすると借金の返済義務を帳消しにできますので、日常的な生活を送れるようになります。債務者にとっては財産を失ってしまうことになりますが、借金の全額について返済しなくても良くなりますので、弁護士に相談することで解決できると言えます。借金ができてしまった理由がギャンブルなどのときには、自己破産が認められないケースもありますので、弁護士に相談して別の債務整理の手続きを検討する必要があります。

自己破産が認められた場合であっても、社会的な信用を失っている状態となりますので、新たな契約書を作成する手続きを行うことは、10年間の期間を通じてできなくなることを把握しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です