弁護士が関わる遺言書の相続問題

遺産相続においては様々な問題があり、大抵弁護士を介して問題を解決する人がほとんどです。しかも弁護士が関わるのは親が亡くなった後、というイメージがありますが、生前遺言状を遺しておきたいとき、弁護士のアドバイスを聞いて遺言状を作成する人も多くいます。相続に関する遺言状というのは意外と様々な規定があります。例えば普通の便箋より用紙は耐久性のあるものが望ましい、消せる鉛筆などではなく改ざんの恐れのないしっかりとしたボールペンを使用すること、印鑑は実印が望ましいなど。

こうした情報は弁護士の方に聞けばしっかりと教えてもらうことが出来るのですが、とりあえず書いておこうという簡単な気持ちで記入してしまうと、死後せっかく書いたものが無効になってしまう事もあります。また相続をするにあたり、親族の中で遺産を渡したくない人物がいる、肉親以外にも渡したい人物がいる、金額が大きく不安である、などやや特殊なケースの場合、遺言状は弁護士に預かって貰うことが良いでしょう。自分にとって不都合な内容が書かれていないか心配で、相続人の中の誰かが勝手に遺言状を開封してしまうなどのトラブルはよくあります。遺言状の中身を確実に、隠匿を防ぐために開封は家庭裁判所で行われる事が必要です。

それまでに預けておくのは親族ではなく、第三者である信頼のおける弁護人に託したほうが、遺言内容は消失せずちゃんとした遺産手続きを行うことが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *