交通事故問題で弁護士依頼する時の注意点

交通事故問題で弁護士に依頼する場合、一番ネックになるのは、弁護を依頼するにあたり掛る費用と言えます。交通事故のトラブルで弁護士に依頼する大きなメリットは、賠償額の大幅な増額が見込める事です。そもそも、賠償金と言えば、相手の保険会社は、最初は、妥当な金額より低く提示するものです。ゆえに、交渉次第では、もっと増える可能性があるとも言えます。

そのような面倒な交渉も弁護士に依頼すれば、的確に対応してもらえるし、安心して解決する事に繋がります。しかし、弁護の相談、依頼するにあたり注意点を抑えておく事が重要です。概ね相談するだけでも、相談料金が発生しますし、正式に依頼する場合には、着手金を支払わなければなりません。事が解決すれば、報酬金と諸経費の支払が発生するものです。

その合計金額は、高額とも言えますので、折角手にした賠償金も弁護費用を支払えば、少ししか手元に残らない結果になる事も少なくありません。また、交通事故の内容によっては、弁護を引受けてくれないケースもあります。そこで、自己で加入している自動車の保険に「弁護士特約」を付けておくと、多くの保険会社の場合、1回の事故につき弁護費用を300万円まで補償してくれるので、自己負担なく、弁護の依頼が出来るものです。また、交通事故に専門で経験豊かな弁護士に依頼する事が何よりも大切です。

依頼するまでの交通事故ではないにしても、料金は掛りますが、相談だけでもすると示談する場合に有効に交渉できるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *