交通事故で役立つ弁護士費用保険に加入しよう!

もしも交通事故で自分が加害者になってしまった場合でも、示談交渉サービス付の自動車保険に加入していれば、 相手との示談交渉は保険会社がご自身の代わりに行ってくれます。しかし反対に自分が被害者側となった場合、 もしくは双方に過失がある場合、ご自身の損害に対する賠償請求については保険会社が代わりに行ってくれません。あくまでも保険会社が行うのは相手方にいくら賠償金を支払うかの交渉であって、 被害者自身が受け取る金額については交渉してもらえないのです。つまり被害者側の車の損害やケガの慰謝料などについての交渉は自分自身で行わなければならない訳ですが、全てのケースでスムーズに解決が出来る訳ではありません。

双方の折り合いがつかず交渉が長引くなど、場合によっては弁護士に相談する事を検討する人もいるのではないでしょうか。しかし中には弁護士に依頼するにしても相談料や着手金などが高額で、相手から受け取る金額よりも費用の方が高くなってしまうのではないかと心配する人もいると思います。そんな時に役に立つのが弁護士費用保険です。月々数千円の保険料がかかりますが、加入していれば相談料等について保険から支払ってもらう事が出来ますので、費用の心配をする必要がなく、安心して相談する事が可能です。

弁護士費用保険単体で加入する事も可能ですし、任意の自動車保険に弁護士費用特約が付けられる場合もあります。万が一の交通事故に備えてまだ加入していないのであれば、交通事故に遭う前に、早めに検討しておく事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *