交通事故の際には弁護士に相談!!裁判の流れと示談金

交通事故の被害を受けた場合も、交通事故を起こしてしまった場合も弁護士に相談することが非常に重要な問題となってくることでしょう。交通事故の際まず問題となってくるのが示談の申し込み。被害者側も加害者側も事を荒立てたくないと考えるのであれば、示談を行うのが良いでしょう。しかし、ここで問題となるのが、示談を行う場合の金額。

保険会社から示談金を提示されることがあるのですが、しかし、それが適切な金額であるのか、法律に関する知識が浅い場合には判別がつかない場合も、そんな時には弁護士に相談するとよいでしょう。適切な示談金を提示してくれます。また、事故で怪我を負っているので、交渉を行うことが難しいという場合でも、弁護士が代わりに話し合いを行ってくれることがあるので、大変便利。直接交渉ができないといった場合や、直接会って話すことがためらわれるといった場合に、最適と言えます。

また、示談がまとまらなかった際には、法廷で争いを行うこととなるのですが、この時にも、弁護士の専門知識は必要不可欠なものとなります。というのも、法律に疎い場合は、裁判を行うことが非常に困難なものとなってしまうからです。だからこそ、裁判をはじめる場合は、まずは、弁護士を探し依頼することから始まります。この裁判の期間は、地方裁判所にて両方が和解に合意した場合であれば、およそ半年ほどであり、和解ができなかった場合では、おおよそ一年ほどの期間をかけ裁判が行われることとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *