交通事故と弁護士の法律相談

交通事故というのは、日常生活のなかであっても、誰もが経験する可能性の高いトラブルのひとつですが、その後の処理をめぐっては、法律が密接にかかわってくることになります。たとえば、交通事故で被害が生じれば、相手への損害賠償が必要となってきますし、その損害賠償をめぐっては、当事者双方の過失割合の調整も行われます。交通事故の損害賠償や過失割合については、過去の裁判所の判例などもありますが、きわめて専門的でわかりにくい分野のため、不満があるからといって、法律の素人が個人で相手とたたかうのはかなりハードなことといえます。こうした場合、まずは専門の弁護士による法律相談を受けて、どのような対応が可能なのか、方針を決めるところからはじめたほうがよいでしょう。

交通事故に関しての法律相談は、地域にある一般的な法律事務所でも弁護士が有償で対応していますし、もしも無償のほうがよいというのであれば、都道府県庁にはたいてい交通事故相談センターが開設されていますので、そうした公共の窓口を利用するという手段もあります。交通事故相談センターの場合、ふつうは嘱託職員などとして、交通事故に関することがらを専門的に扱っている相談員が対応していますが、一般的な質問ではなく、法律上のアドバイスにかかわるような内容になれば、担当の弁護士につないでもらえます。ただし、場合によっては予約が多すぎて希望の面接日時の予約がとりづらい可能性は考えておいたほうがよいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *