任意整理と弁護士について

借金をしたものの、当座のお金に困って支払いがとどこおってしまったという場合、当然ですがそのままでは債務の履行を求めて取り立て行為がやむことはありません。こうした場合に、法律をもって問題を解決する方法がいくつかありますので、いったん法律にくわしい専門職である弁護士に相談をして、適切なアドバイスを受けたほうがよいといえます。アドバイスを受けて具体的な方針が決まり、実際に本人にかわって手続きをしてもらうというのであれば、そのときには弁護士と別途の契約を結ぶことになります。借金のトラブル解決方法のなかでも、裁判所を通さないで、話し合いによって処理する方法として、任意整理とよばれるものがあります。

話し合いとはいっても、本人の代理で弁護士が活動することになれば、債権者である相手に拒否されたり、相手のペースに乗せられてしまうといったこともありませんので、より有利な条件を引き出すことができる可能性があります。たとえば、借金の金額の軽減や、借金の支払い期間の延長などといったかたちで最終的には和解が成立することが多く、そうでなくても、弁護士が介入した時点で、貸金業者から本人に対しての不当な取り立ては禁止されることになりますので、その意味でも生活の平穏が守られます。任意整理による解決は、本人にまだ残りの借金を支払う意思があって、条件的な面さえ折り合えば、借金返済のめどがたつといった場合に有効であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *