司法書士と弁護士との相違

法律にかかわる分野の仕事を取り扱っている資格にはさまざまなものがあります。たとえば、司法書士は、法務局での登記や供託などの手続きを主に取り扱っていますが、法務省からの認定を受けた、いわゆる認定司法書士としての資格をもっている人については、こうしたこととあわせて、140万円以下の民事訴訟で本人の代理人となったり、同様に相手との和解や交渉を行うことなども可能です。いっぽう、弁護士のほうは、あらゆる法律に関する事務について、依頼した本人に代理して手続きをすることが可能となっていますので、業務の幅に制約がありません。また、弁護士はそれぞれが弁護士会というものに所属していて、この会は横の連携をとることとあわせ、指導監督といった独立性の高い権限も保障されていますので、行政からの不当な介入を受けないというしくみのもとで運営されているといえます。

このように、取り扱うことができる分野に制限があるのが司法書士であり、制限がないのが弁護士ということになります。したがって、通常の不動産の所有権移転登記や、少額の借金などで債務整理をしたいといった、その分野にフィットした依頼であれば、司法書士に依頼することも何ら問題はなく、むしろ費用と効果を考えれば適切であるといえます。しかし、少額では済まないような訴訟を含めて、法律上のトラブルに発展することが見込まれるのであれば、はじめから弁護士に依頼をしておくのがよいでしょう。広島の交通事故の示談のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *