広島で離婚する場合、慰謝料を請求できるか

広島をはじめ、離婚する場合に配偶者の権利を侵害した(浮気・暴力など)し、精神的肉体的に苦痛に対する慰謝料が発生することがあります。

離婚の慰謝料の金額はそれぞれによってケースバイケースとなりますが、概ね50万円から300万円ほどです。基本として慰謝料は離婚に至る原因として、配偶者による「権利侵害」が条件となります。この権利の侵害がなければ、損害もないので賠償も請求出来ないとなるのです。ですので、性格が合わない「性格の不一致」や「価値観の違い」、特に原因もなく「不仲」という状況から離婚してもどちらが悪いと特定出来ないので賠償請求権も発生しないわけです。

広島で慰謝料を請求するには、相手に違法な権利侵害があれば妻側でも夫側でも可能です。いわゆる浮気による賠償請求では、広島でも100万円から300万円が相場となっています。不貞行為である浮気は配偶者がお互いに守るべき貞操義務に違反するもので、権利侵害に値します。

慰謝料の請求には不貞行為の回数や期間、不貞に至った経緯、そして子供がいるかどうかなどを考慮して算定されるのが通常です。夫婦間の暴力では、50万円から300万円が相場となります。暴力がある場合はその暴力の態様や期間、暴力によって受けた被害の程度によって金額が算定されます。ですがモラルハラスメントのような精神的な暴力に対しては行為の態様が立証し難いこともあり、裁判になってもハードルが高いといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *