自分に残された相続分と弁護士

家族や親族等が亡くなり自分が相続人となる場合、故人を確かに知り、その死亡により相続が開始された際には、明らかに遺産を受けることが予定されるケースもあれば、予定されてるものの遺言等が残されておらず故人の財産が確定できないケース、或いは故人の存在すら知らず、ある日突然自分がその財産を受け継ぐケースなど実に様々なケースがあります。 Continue reading “自分に残された相続分と弁護士”